「えびす法務事務所」という名前にしたのかが分かります!

えびす法務事務所誕生秘話

えびす法務事務所誕生秘話

 

 

福岡県の行政書士会に登録申請する際に、受付の女性の方から『「えびす法務事務所」という名前にするのに何か意味があるのでしょうか?』と、尋ねられました。

 

 

 

 

「海釣りが好きで、釣り竿と鯛を抱えているえびす様が好きですし、縁起が良いでしょう?」と、私が申し上げますと、無言でした。(^^;)

 

 


えびす様は、福の神様として広く親しまれており、また海の神様という一面を持ちます。

 

 

えびす様が釣竿を持って鯛を抱えているのは、「めてたい!」に由来するもので、えびす様は商売繁盛の神様でもあるのはご存知だと思います。

 

 

「沖」という姓、釣りバカ、私が関係するお客様に商売繁盛をもたらす意味でのえびす様は、私なりに整合性があると思っているので、えびす法務事務所と命名したのです。

 

 

これから起業をされる方の会社設立時や個人の方がお店を出すときにもえびす様の置物は縁起物として大変喜ばれます。

 

 

 

 

 

 

ちなみに弁護士だけが「法律事務所」を名乗ることができ、司法書士と行政書士は、「法務事務所」を名乗ることができます。

 

 

えびす法務事務所の行政書士である私は、クライアントの利益が増大することを肝に銘じて「選択・集中・継続」をモットーにディテールにこだわりを持って業務を遂行しようと考えています。

 

 

WIN-WINの関係を築かなければやる意味もない!と断言します。

 

 

なので、自分のためだけに学ぶのではなく「お客様の成功」のために、私自身いくつになっても日々アップデートを怠ることなく有益な情報を与えられるように自己研鑽致します。

 

 

趣味の釣りも、いろいろな釣りをやってきてワン&オンリーを目指してきましたし、行政書士としてもワン&オンリーを目指します。

 

 

それは、なるべく法的な論争に持ち込まない円満解決策だと思うのです。

 

 

 

トップへ戻る